エレコムのポータブル電源(DE-AC05-60900BK)を入手したのでどんだけ使えるか試してみる

エレコムのポータブル電源(DE-AC05-60900BK)を入手したのでどんだけ使えるか試してみる

タミグラで使うポータブル電源としてエレコムのDE-AC05-60900BKてのを入手したのでどれくらい使えるか試します。
試すって言っても放電特性とかどうでもよくて、LF2200を何本充電できるか、って観点のみです。
出力はDC12Vで充電器はiCharger、8.8Aで充電するってことで進めます。
レッツ実験!

・ポータブル電源のスペックはこんな

以前使ってたポータブル電源に比べるとすげえ小さくなっています。
外径寸法がだいたい20センチx20センチ、厚さが7センチほど。
重さが2.8kgてんだから軽い!超軽い!

ACアウトが1個、USBが3個、12Vアウトが1個ついてます。
12Vアウト用にシガソケットも付属。親切。

付属のシガソケット

容量が222Whで定格11.1Vてことなので20000mAhてことでいいのかな?
11.1V20000mAhてことはLF2200は計算上はたくさん充電できるんだけど、容量のばらつきとか熱で逃げたりとか充電器自体が電気使ったりとかで、実際何本充電できるかはやってみないとわかりません。
そもそもほんとに222Whあるかも怪しいところ。有名なメーカーなんで大丈夫だと思うけど。

と思ったら公式に60900mAhって書いてあった。

電気計算ムズカシイ

11.1V60900mAhが本当ならLF2200が30本くらいいけるんじゃなかろうか。もう怖い物無しだ!

電流ですが、12V出力時は10Aで出せるってことなんでLF2200のスペック上の上限、8.8A充電はまず大丈夫じゃないかしら。iCharger自身は1Aも使わないだろ。

このポータブル電源を充電するにはDCで14Vから40Vなんだけどこれは中々使い勝手悪いですね。12Vで行けるとありがたいんだけど。
付属しているACアダプターが24Vで中々ごつい。まあ短時間で充電できるように、ってことかな。
自動車での充電はできない、家庭用のAC100で充電してください、って感じですね。

ちなみにバッテリーが空の状態から満タンにするには一晩かかりました。

・実際何Ah抜けるんだ?満充電にしてBD200(放電機)で放電

まずはこのポータブル電源自体の容量を探ってみます。
満充電にしたあと12V OUTにBD200繋げて10Aで放電、どんくらい抜けるのか探ってみます。
BD200は35Vまでいけるし名前通り200Wまでおっけーだから多分大丈夫。
でもバッテリーに対しては結構なストレスになりそうなんで一応消火器も準備。
12V出力なんでそんなに下がらないだろうけど、BD200は8Vで止まるように設定しときました。

ポータブル電源の12Vアウトはシガソケットなので「シガソケット-XT60コネクタ」てのを作ってBD200に接続します。

わざわざ作った

つないだら12.5V出てます。ちゃんとしてるじゃん、てのを確認したところでレッツ放電!
即11.3Vまで下がります。大丈夫かこれ。

一時停止とか無しで一気に放電したせいもあるんだろうけどその後も電圧は下がり続け、2時間ほどで9.9Vくらいまで下がったところでバッテリーが空に。

結果としては、12Vで12000mAhくらい抜けました。

くらい、ってのはポータブル電源が空になった瞬間に電気の供給が止まってBD200のディスプレイが消えちゃったから。
休ませながらだったらもう少し抜けると思う。
このポータブル電源を受け取り後即試験したのも悪かったかも。1回放充電してカツ入れてからやったらもう少しいけたような気もする。それでも60900mAhには程遠い数字。やっぱり11.1V20000mAhで合ってるんじゃねえか?

でも12V12000mAhあるってことは6.6VのLF2200なら8本~10本くらい行けそう。

ちなみにバッテリーの正面に液晶モニタがあるんだけど、容量の目安として満タンから0まで5目盛りで区切ってあります。
12V放電でだいたい3000mAhごとくらいで減っていく感じ。最後の目盛りが消えてからも随分持ちました。

・実際問題としてLF2200何本行けるんだ?

実際何本行けるのか試してみます。
空にしたLF2200を何本か用意、ポータブル電源にiCharger繋げて8.8Aで充電します。

・結果!

LF2200は8本充電できました。
8本終わったところでLF2200予備も時間も無くなり終了とさせていただきました。すいません。
残り目盛り1個あったからもう1本はいけそうでした。

尚LF2200の容量差とかポータブル電源自体の容量差とか雰囲気温度とかもあるので、この結果が全ての環境で当てはまるわけではありません。

普通のタミグラでは練習1本予選2本決勝1本の計4本のバッテリーを使います。
1カテゴリしか出ないのであれば0からの充電でも全く問題無いですし、2カテゴリでも多分大丈夫。
タミグラでは十分に使えます。おすすめ!

ついでにポータブル電源全般の話しとして書いておきますが、ポータブル電源って表示容量の6割程度出れば上々らしいです。

10000mAh入るよ、って表示だったら実際は6000mAhて感じ。
このエレコムのポータブル電源も、11.1V20000mAhだとしたら64%くらい出てたわけで、そんなに悪いわけではないと思います。

でも60900mAhて表記はよくわかんないです。
60900mAhで222whてことは3.6V出力なんだけど3.6Vなんて数字無いよねこのポータブル電源。俺が計算違いしてんのかな?

・おまけ:何アンペアまで行けるんだ?

12V10A出力なんで7.4Vだと16Aくらいまで行けるんじゃないかしら、てことで13.2Aで充電してみます。
※尚LF2200は8.8A以上で充電すると壊れますので真似しないでください。

無事、フルに充電できました。
それ以上はバッテリーに負担かかりそうでやってませんが、13.2で充電できればまあバッテリーで負けることはないんじゃないかしら。

ちなみにこちらの方が同じようなことやってます。

SP1600を何本充電できるか、っていう実験です。

タミヤグランプリ北海道大会2021カテゴリの最新記事