タミグラのスタートを抜けろ!

NO IMAGE

てわけでコラムです。

タミグラ(タミヤグランプリ)の予選のスタートは色々揶揄されていますがまあぐちゃぐちゃです。
ホームストレートなのも悪いと思うんです。
バックストレートなら視界も広く取れるし多少マシになると思うのですがマーシャルの都合もあるのでどうしようもないのでしょう。
あそこを上手く切り抜ける方法は語りつくされるほど語られていますが結局は経験と運で、確実なことがあるならおいらも知りたいわ、って感じなんですが、 少しでもうまいこと抜ける方法をまとめておきます。

・人のレースも見ておけ

同じグリッドの車を良く見ておきましょう。
・どう動くべきか
・他の車はどう動くか
この傾向を把握しておくと自分の番になったときに慌てずに済むことがあるかもしれません。

・スタートタイミングを覚えろ

タミヤ催事部の方がスタートブザーを操作しているのですが、人によって「~オンザトーン」から「ぷー」のタイミングが違います。
タイミングを覚えましょう。
スタートで前に出られるとそれだけで有利です。

・後列の場合は良く見て

後列スタートの場合はあえてスタートを遅らせて、クラッシュしている車を避けて行く、という方法もあります。
後列アウト側なんか絶対不利なんだからスタートで少しタイム削ったところであまり差はありません。
それならば多少遅れてでもクラッシュを避ける方が良い数字が出ます。

前に車が止まっていた場合、どちらから抜けるか

例えば下記の画像のように車が止まっている場合、①と②のどちらから抜けますか?

どれが正解とは言いにくいのですが、①を通った方が比較的安全だと思います。
止まっている車が発進した場合、②だと当てられます。
この状態でバックする車もいないでしょうし、車の後ろ、①を通った方が安全でしょう。

ちなみに自分の車がこうなった場合、後ろから来る車の邪魔にならないように様子を見つつ、右にステアリングを切ってアクセルを入れると思います。

では下記の画像のように車が止まっている場合はどうでしょうか。

これはどちらに動くかわかりませんのでなんとも言えませんが、私だったら右側、止まっている車の後ろを抜けると思います。
故意ではありませんが、もしかしたら当ててしまうかもしれません。

この状況だと、変に動かれるよりもバンパーを当てて飛ばしてしまった方が安全なのですが、故意に当てるのはダメですよ。自分の車の足が折れるかもしれないし。

自分の車がこうなった場合、後ろから来る車の邪魔にならないように、車がいなくなるまで待つと思います。
しかしタミグラ予選だとたいてい弾き飛ばされます。
運がいいと弾き飛ばされた拍子に正面を向くこともあります。

ちなみに4輪駆動車の場合、当たりに対してはアクセルを握っていた方が安定します。
変にアクセルを抜くと当たった場合に不安定になり、自車がスピンしてしまうようなことも。
強気で行くときは強気でいきましょう。

読んでおいて欲しいこと

タミグラの予選はタイムアタックです。
ヒート内の順位争いではありません。
前の車を抜くことではなく、タイムを削ることを目的としましょう。

タイムを削るためには、

・極力当てないようにする

車が接触した結果自分がスピンしたらタイムロスとなります。
動きの怪しい車からは離れましょう。
明らかにペースの遅い前の車がいつまでもよけないという場合でも我慢しましょう。
そのうちインが空きます。

・速い車が来たら追い越させる

ブロックし続けた結果当てられてスピン、となった場合は大幅なタイムロスです。
自分より明らかにペースの速い車が来た場合、コーナーを少し大きく回るだけでインをついて勝手に抜けて行ってくれますので追い越させましょう。
当たってタイムロスよりよっぽどマシです。

・アウトからは抜けません

コーナーは前の車をパスする機会ですが、よっぽどのことが無いとアウトからは抜けません。
同一条件で走っているタミグラではまず間違いなく抜けません。
アウトから無理に行こうとしても無駄ですし最悪絡んでしまいます。
辛抱強くインが開くのを待ちましょう。
プレッシャーかけ続ければ前の車はそのうち自滅、ラインは空きます。

とにかく、予選はヒート内の順位争いではなく、自分のタイムを削ることを最優先としましょう。
熱くなると忘れがちですが、ライバルは前の車ではなくコースであり自分です。

ちなみに決勝は全部ライバルです。

コラムカテゴリの最新記事