タミヤ TT-02でタミヤチャレンジカップに出よう!タミチャレZERO 2020編

タミヤ TT-02でタミヤチャレンジカップに出よう!タミチャレZERO 2020編

てわけでコラムです

今年(2020年)のタミグラは2020年4月現在なんだか開催が怪しい感じでうーん、なんですが、ショップによってはタミヤチャレンジカップを元気にやっております。
この時期、人が集まるのはいかがなものか、という考えもありますが、タミチャレで密集と言えるほど人が集まるか?と言われると、今の時代はそれほど集まらないんじゃねえの?とも思いますし実感もしております。
というわけでTT-02を持っている方はタミヤチャレンジカップに参加してしまいましょう、というお話しです。

基本的に TT-02 でも TT -02R でも TT-02RR でも TT-02Type-S でも TT-02TypeSR でも一緒です。

レースに参加するのはかなりのハードルがあるのですが、一度参加してしまえば怖いことはありません。
一度でもそのサーキットを利用したことがあるのであれば、1本目のハードルは結構低くなっていると思います。
今の時期は参加者が少なくて参加しやすいってメリットも。
てわけで参加してしまいましょう。

いやまだ下手だし、って躊躇している方、その時間がもったいないです。
1周ぶつけずに走ることができるようになったら、タミチャレZEROならば参加してしまって大丈夫。

尚、この「タミチャレZERO」クラスはお店によってレギュレーションの変更が許されていますので参加する前(ていうかいろいろ買う前)にレギュレーションを確認してください。
「うちはライトチューンモーターではなくGTチューンモーターを使うんだ」てとこもあるかもしれません。

それからお店の方も「タミチャレ参加セット」とか銘打ってモーターバッテリーギアタイヤなんかをセットにして安く売ってはどうでしょうか。

必要なものは?

・ライトチューンモーター

モーターはライトチューンモーターが指定になっています。
下記で買っていただくか、もしくはお店で買ってあげるとお店が助かりますのでひとつよろしく。

・バッテリー

1600SPを使います。

1600SPは1日に1度の使用が推奨されていて、複数回使うことはあまり良くありません。
1日に複数回使うとパワーが出なくなるしバッテリーの寿命も短くなります。

なので走行する本数+1本は必要になります。
たいていは予選2本決勝1本なんで、
練習用1本、予選2本。決勝用1本の全4本必要。
※お店によって違うので要確認。

だけど練習兼予選1本目、予選2本目兼決勝用で2本でもいけないこともありません。
でもその場合は急速充電器で充電が必要になります。
急速充電器を持って無い場合はショップに相談してください。たいていなんとかしてくれます。

アマゾンでは結構安売りしてるので1600SPは複数本買ってしまうのをおすすめ。
最初のうちはオプション買うよりもバッテリーをたくさん買って走行時間増やした方が断然うまくなります。

・タイヤ

ラジコンレースはタイヤで8割決まります。
タイヤはミディアムナローが指定されていますので、AかCかC2かB3を使ってください。
どれがいいかは路面によって違うのですが、選び方の基本としては、

・アスファルトの場合はAかGP-A
「タミヤ ホップアップオプションズ OP.433 ファイバーモールドタイヤ ミディアムナロー A」

「タミヤ ホップアップオプションズ OP.1293 ファイバーモールドタイヤ GP-A」

・カーペットの場合はCかC2
タミヤ ホップアップオプションズ OP.1256 ファイバーモールドタイヤ タイプC

タミヤ ホップアップオプションズOP.1952 ファイバーモールドタイヤ タイプC2

・夏場のアスファルトの場合はB3
タミヤ ホップアップオプションズ OP.705 ファイバーモールドタイヤ B3

・インナーはミディアム
タミヤ HOP-UP OPTIONS OP-582 モールドインナー ミディアムナロー/ミディアム

が基本なんだけど、どれがいいかはお店の方に聞くといいです。
タイヤとインナーは2個セットなので2セット必要になります。

・ホイールはデッシュかスポーク
タミヤ HOP-UP OPTIONS OP-471 ミディアムナロー5本スポークホイール白

タミヤ HOP-UP OPTIONS OP-475 ミディアムナローディッシュホイール白

ホイールは4個セットなので1個買えば大丈夫です。
・デッシュは真円度が高く転がる
・スポークはヨレるのでグリップが良い
と言われていますが私は実感したことはありません。

「ミディアムナローレーシングラジアル」や「ミディアムナローレーシングスリック」といったタイヤはグリップが悪くて使い物になりません。
安いからと言って購入すると勝負にならず、せっかく参加したレースが面白くなくなります。
指定されない限り、ミディアムナローレーシングラジアルやミディアムナローレーシングスリックといったタイヤは使ってはいけません。

・ギア比

7.20以上

となっています。
7.20より大きい数字になっていればオッケーです。

ざっくり説明すると、ギア比というのは、数字が小さいほど最高速度が上がります。
数字が大きければ加速が良くなります。
加速重視で大きい数字にしても、この辺のモーターだとすぐに頭打ちになり勝負になりません。7.20により近い数字にしてください。

TT-02には70tスパーがついてるので、25tピニオンを購入して取り付ければ7.28になり一番近くなります。

しかしOP-1500 TT-02 ハイスピードギヤセットを買って、OP-1356の64tスパーギアも購入、さらに23tピニオンを購入し組み合わせると7.23になり、より限界に近くなるので、懐に余裕のある方はこっちがおすすめ。
0.05とは言え最高速は結構変わります。

・ボディ

ボディは自分の好きなツーリングカー用ボディを使ってください。
こだわりが無ければライキリ軽量電動用を買っておけばまず大丈夫です。
ウイングも付属のものがよくできていますのでそのまま使って大丈夫。
ライキリは塗装済みのものも売っていますが、塗装済み品はすぐ割れます。
下記から軽量を買って自分で塗ったほうが丈夫かつ安上がりです。

塗料のスプレーはタミヤのポリカ用を使ってください。
品名の頭が「PS-」で始まっているものです。

なるべく見やすい色で塗ることをお勧めします。
白や黄色、蛍光ピンクなんかが良いです。

黒やグレーは見えにくいので追突されたり見失ったりします。
アスファルト上の黒ボディとかは見えにくいので結構迷惑です。

・事前に確認しておくこと

事前に一回お店行っていろいろ聞いておくことをおすすめします。
初参加を考えている、っていうとそれはもう大喜びで色々教えてくれます。

確認しておくべきことは、
・申し込みは当日可能なのか前日までなのか
・ピットの席は自由か指定か
 自由の場合は常連っぽい人、装備がすごい人のそばに「ここいいですか?」とか声かけて座って初めてである旨伝えていろいろ教えてもらうといいでしょう。
 この辺の席割りはお店も気を使ってほしいところ。
 千葉県稲毛市にあったフリークスガレージ(閉店済み)や、旭川のてづかさんなんかはいろいろ気を使ってくれました。
・レースが食事どきにかかる場合は食事は
 出前とるから声かけてなのか、適当に自分で持ってこいなのか確認しておきましょう。
 私はあまり時間かけたくないのでパン買って持って行ってます。
 飲み物はなるべくお店の自販機を使ってあげてください。
 私は最近やっと余裕が出来てきたのでお店の自販機で飲み物を買えるようになりました。
 \(´O`)/
・料金は
・スケジュールは
 何時開始で予選何本かは確認しておきましょう。
・ZERO参加の場合のタイヤのおすすめ

参加に躊躇している時間がもったいない!

と思います。
一歩踏み出すとほんと楽しい世界が待っています。
本気で悔しがったり本気で喜んだり、四六時中ラジコンのことを考えたり、と幸せな世界が待っています。
ぜひ一歩目を踏み出してみましょう。

TT-01 TYPE-Eカテゴリの最新記事