タミチャレGTのレギュレーション見たら(少しだけ)変わってたVer20220930

タミチャレGTのレギュレーション見たら(少しだけ)変わってたVer20220930

9月30日付でタミチャレGTのみちょっと変更ありました。

オリジナルはこちら↓。

https://d7z22c0gz59ng.cloudfront.net/cms/japan/rc/event/challengecup/images/2022/09/cc220930.pdf

変更点は使用可能ボディの追加かな。
マクラーレンセナとGTカーの方のスープラが追加されています。

XV-02シャシも使用可能になってるけどこれ前回からあったっけ?
ギア比的には6.54と最優先になってますが、OP2048等使用不可とか細かいルールがあるみたい。
おいら持ってないんでよくわかりません。

タイヤに関しては以前同様タミチャレタイヤだけでなくミディアムナローレーシングラジアルも可能、てなってます。

これ「何が違うの?」てわかりにくいと思うのでちょっと説明すると、
「チャレンジカップ接着済ラジアルタイヤ」のことを通称で「タミチャレタイヤ」て呼んでます。
正式名称が
「5本スポークホイール白 接着済みラジアルタイヤ4本 24mm・オフセット0」
で部品番号が47302の奴。4本入りで2000円税別。
中身はミディアムナローレーシングラジアルとオフセット0のホイールの組み合わせです。
↓こいつ

「ミディアムナローレーシングラジアル」てのはタイヤのみ2個セット550円税別の奴。
スペアパーツで番号がSP1023とか51023とか。
タイヤ自体は一緒なのでこの「ミディアムナローレーシングラジアル」のことを「タミチャレタイヤ」て呼ぶこともあります。
↓こいつ。

タミチャレGTは部品番号が47302の「5本スポークホイール白 接着済みラジアルタイヤ4本 24mm・オフセット0」の使用が指定だったんだけど、ちょっと前までこのタイヤが全然無くて。タイヤ無くて走れねえよ、てことでミディアムナローレーシングラジアルの使用も解禁されました。

そんでミディアムナローレーシングラジアルは新ロット品、旧ロット品の2種類があると思ってください。
グリップがちょっと違います。
2022年10月現在ですが、「5本スポークホイール白 接着済みラジアルタイヤ4本 24mm・オフセット0」については旧ロットタイヤを使用した物しか見たことがありません。

で、ミディアムナローレーシングラジアルについては新ロット品の方がグリップが良く(というかバラツキが少なく)走りやすくなっています。
というわけで、新ロットのミディアムナローレーシングラジアルを購入して自分で組んだ方が楽しく走れると思います。
見分け方はこちら。
https://h-hobby.net/2022/07/03/post-10925/

ただ、タミヤチャレンジカップってショップによってルールを変えていい、てことになっています。
部品番号が47302の「5本スポークホイール白 接着済みラジアルタイヤ4本 24mm・オフセット0」のみ使用可と指定しているお店もあるのでその辺は確認してください。
最近は供給が潤滑になったのかこれも入手可能になってきました。

また、ボディについても追加されたり使用不可になっていたり、てこともありますので、これもショップに確認してください。

次は多分11月くらいに「タミチャレラリーにランエボVボディ使用可能」て変更が来ると思います。

タミヤチャレンジカップ2022カテゴリの最新記事